お役立ち情報

TOPICS

お役立ち情報

静岡市の空き家改修の補助金事業について詳しく解説します!

「静岡市で取得した空き家をリフォームする際に補助金は利用できるだろうか」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、静岡市の空き家改修の補助金制度について詳しく解説しています。

空き家を取得するかどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

□空き家改修補助の対象について

静岡市では、空き家を有効活用してもらうために空き家改修補助金事業を実施しています。

対象者は、空き家情報バンクに登録してある建物を購入した方で、10年以上の居住を予定していることが条件です。

また、建物が1年以上空き家であることや売買契約から1年以内の申請でなければ、補助金の対象外となりますのでご注意ください。

対象となる経費は、以下のとおりです。

・水道、ガスまたは電気設備の改修費

・台所、トイレまたは風呂の改修費

・内装、外装または屋根の改修費

・改築、増築および減築などの経費

また補助金額は対象経費の3分の1で、金額には上限があります。

上限額は県外からの移住者や小学生以下の子どもがいる子育て世帯であれば100万円、居住誘導区域内に居住する方であれば80万円、それ以外の方は70万円となっています。

□補助金を受け取る手続きについて

続いて、補助金を受け取る申請の流れについてご紹介します。

空き家の売買契約が済んだ後、住宅政策課に改修内容の事前相談を行い、申請者は空き家改修事業補助金交付申請書を提出します。

この際、前年分の市民税の納税証明書の添付が必要となるため、前もって準備しておきましょう。

そして届いた申請書をもとに申請内容の審査が行われ、審査結果が申請者へ通知されます。

申請書の受付後、審査結果の通知までおよそ1から2週間かかる場合があります。

補助金の申請が通ったら、補助金申請時の事業計画に基づいた改修を実施します。

改修完了後、申請者は空き家改修事業実績報告書に必要書類を添付して改修実績を報告します。

最後に、報告内容を確認して確定した補助金額の通知が市から届くため、その確定通知書に基づいて補助金の請求を行えば完了となります。

以上が、空き家の購入から改修にかかった補助金を得るために必要な手続きです。

手続きをスムーズに進めるために、必要な書類はあらかじめ用意しておきましょう。

当社は、空き家を購入したお客様が住まいをリノベーションする際のパートナー業者をご紹介いたします。

お客様のご希望に合わせて信頼できる業者をご紹介いたしますので、リフォームを検討している方はお気軽にご連絡ください。

静岡市空き家改修事業補助金交付制度

□まとめ

今回は、静岡市で利用できる空き家改修の補助金制度について詳しく解説しました。

補助金の申請方法について、理解が深まったのではないでしょうか。

空き家買取専科は静岡の空き家を買取りリノベーションをし、次世代へつなぐ不動産買取専門店です。

静岡エリアでご実家・空き家を相続されるご予定の方はぜひご相談ください。

ご相談
お問い合わせ
ご相談・問合せ 電話をかける