お役立ち情報

TOPICS

お役立ち情報

相続放棄をした空き家が倒壊した場合はどうなる?

相続放棄は資産がマイナスになる場合や資産が要らないと感じた場合に行われます。

そして、相続放棄を行うと、放棄した空き家を管理する義務も無くなると考えられます。

しかし、実はそれは間違っています。

今回は相続放棄をした家が倒壊した場合はどうなるのかを紹介します。

□相続放棄した空き家が問題を起こした場合は誰の責任になる?

皆さんは自分が所有している空き家が、他人に損害を与えた場合に土地の所有者が損害賠償をする必要があるのは想像しやすいでしょう。

しかし、相続放棄を行っているとどうなるのでしょうか。

結論から申し上げますと、空き家が原因になって起きた損害の責任は土地の所有者にあります。

そして、相続放棄を行っても、責任を問われる可能性があります。

民法には相続放棄を行うことによって財産を管理する責任が問われないことになっています。

しかし、相続放棄を行った人は、相続放棄を行って次に相続人として選ばれた人が財産を管理できるようになるまでは、自分の財産と同じように管理を行う必要があるという記載もあります。

つまり、相続放棄を行っても、裁判所で相続財産管理人が選ばれるまでは空き家を管理する義務を負う場合があるのです。

□倒壊しそうな空き家を相続放棄するか迷っている方へ

ここまで聞いて、空き家を相続放棄しようか迷っている方もいるでしょう。

その空き家が倒壊しそうになっているとなおさらですね。

次に相続放棄を行うメリットとデメリットを紹介します。

メリットは引き取り手がいない倒壊しそうな住宅と縁を切れる可能性があることです。

相続放棄された不動産は最終的に国庫に帰属します。

反対にデメリットはたくさんあります。

1つ目は全ての財産を相続できないことです。

2つ目は他の相続人に迷惑がかかります。

相続放棄をすると、他の親族に相続権が移動し、そのことを忘れていたままだと、相続放棄の手続きの期限が過ぎて、放棄できないというケースもあります。

それによって不本意ながらも、必要ない遺産を押し付けるような形になって険悪になる場合もあります。

最後が管理義務がなくならないことです。

これは前項で紹介した通りですが、相続放棄をしても管理する必要があるので、注意しましょう。

□まとめ

今回は相続放棄をした家が倒壊した場合はどうなるのかを紹介しました。

相続放棄はデメリットも多いので、慎重に検討することが大切ですね。

ただし、空き家は不動産会社に買取をしてもらう方法もあります。

空き家買取専科は静岡の空き家を買取りリノベーションをし、次世代へつなぐ不動産買取専門店です。

静岡エリアでご実家・空き家を相続されるご予定の方はぜひご相談ください。

ご相談
お問い合わせ
ご相談・問合せ 電話をかける