お役立ち情報

TOPICS

お役立ち情報

アパート売却時にかかる税金とは?専門家が解説します!

アパートを売却する際、様々な税金がかかることをご存知でしょうか。

売却によって出た利益を次のアパートの購入資金に回すことを考えている場合は、税金が引かれることも考慮しておく必要があります。

今回の記事では、アパート売却時にかかる税金や、当社のような買取会社に依頼するメリットについて解説します。

□アパート売却時にかかる税金について解説します!

アパートの売却価格では、そのまま手元に入る金額ではなく、そこから様々な税金が引かれた金額が残ります。

アパート売却時に発生する税金として挙げられるものを、ここでは3つ紹介します。

1つ目は、「登録免許税」です。

登録免許税とは、売却によって所有者が売主から買主へと移転する場合の登記にかかる税金を指します。

アパートの売却時に生じる登記には、「所有者移転や抵当権設定」と「ローン残債がある場合の抵当権抹消」の2つがあります。

通常、前者を買主、後者を売主が負担して、双方で納税義務を負担します。

2つ目は、「印紙税」です。

印紙税とは、アパート売却時に売主と買主間で交わす売買契約書に貼り付ける収入印紙代を指します。

収入印紙を貼付することで、間接的に納税をしたことになります。

納税額は売買契約の金額によって異なるので必ず確認しましょう。

3つ目は、「不動産譲渡所得税」です。

不動産譲渡所得税とは、不動産を売却し、利益が出た場合のみ納める税金のことを指します。

利益の有無については、売却価格から購入価格と諸費用を引くことで確認できます。

購入価格は実際にアパートを購入した際の金額ではなく、そこから減価償却費を引いた金額になるので注意しましょう。

□買取による売却の特徴やメリットを解説します!

不動産買取会社によるアパートの買取では、売主から直接アパートを買取り、自社でリフォームや入居率の回復といった付加価値をつけて販売が行われます。

買取会社に買取依頼をするメリットは、買取会社が直接買主になることで売り手を探す必要がなくなり、早期売却が可能になることです。

また、仲介手数料が発生しないため、売却時の手数料を抑えられるでしょう。

特に、アパートの老朽化が気になる方は、仲介ではなく買取をオススメします。

契約不適合免責でアパートを売却すれば、売却後のアパートの欠陥に対して責任を負う必要がなくなります。

また、老朽化が進むアパートの売却は需要が低く、仲介ではスムーズにいかない場合が多いので、買取を選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は、アパート売却時にかかる税金や買取会社のメリットについて解説しました。

早期売却を目指すのであれば、買取依頼に出すことをオススメします。

空き家買取専科は静岡の空き家を買取りリノベーションし、次世代へつなぐ不動産買取専門店です。

静岡エリアでご実家・空き家を相続されるご予定の方はぜひご相談ください。

ご相談
お問い合わせ
ご相談・問合せ 電話をかける