買取再生事例

ourworks

亡くなった夫からの最後のお願い

焼津市下小田中町築32年

リノベーション前の写真

「病気で夫を亡し、その後の整理を任せられました。」

そんな相談をくださったのが本物件の所有者さんでした。

まだ50代働き盛り、旦那さんに見つかったガンの進行は早かったのかもしれません。

相続した物件は旦那さんのご実家、近年までそのお母さんが暮らしていたそうですが、そのお母さんも介護施設に入り、空き家になっていたそうです。

亡くなった旦那さんの遺言は「家をきちんと処分してほしい。」そんな言葉だったそうです。

闘病、その後の相続、これからの生活の組み立て、様々な課題が降りかかってくる中、旦那さんの残した言葉を守りたい、その想いで我々に相談をくださいました。

遺品の整理や家に残された家財の片付けは大変なものです。空き家買取専科では面倒な片付けや整理も全部込みで買取をさせていただくこともできます。

所有者様が我々に物件を預けてくれる決め手になったのも全部任せられるという点だったようです。

日本家屋の佇まいを残した物件は、3部屋をつなげ広いLDKにリノベーション。

外装も黒くシックに仕上げ、スタイリッシュに生まれ変わりました。

<施工業者>

青葉建築デザイン

お持ちの空き家の買取のご相談はこちら