お役立ち情報

TOPICS

お役立ち情報

空き家の固定資産税を支払わないとどうなる?

空き家を所有していると、例え使用しない場合でも固定資産税が必要になります。

しかし、使用していないのに税金を支払っていると、払いたくないと感じている方もいらっしゃるでしょう。

今回は空き家の固定資産税を払わないとどうなるのかを紹介します。

□固定資産税の支払いを放置するとどうなるのか?

固定資産税の支払いを放置すると、2つの危険性があります。

1つ目は延滞金が発生することです。

これは、固定資産税を納税期限までに支払わなかった場合に、延滞金が発生します。

延滞金はもともとの請求金額から計算されます。

支払いの期限から1か月が過ぎている場合は2.6%、納税期限から1か月以上たっている場合は8.9%と上昇します。

このように、大きく上昇するので、払える資金はあるけども支払いたくなかったという方や支払いを忘れていた方は、1か月以内に支払いを済ませることをおすすめします。

早急に対応するようにしてくださいね。

2つ目の危険性は最終的に差し押さえをされる可能性があることです。

支払いを延滞し続けると、最終的に滞納処分と呼ばれる処分が行われる可能性があります。

これは、空き家状態になっている住宅などの資産や、給料、預金が差し押さえられることです。

そして、税金を滞納した場合は、民間の金融機関から借金をした場合とは違い、裁判をせずに差し押さえることが可能です。

この差し押さえは滞納した固定資産税の完済が完了するまで毎月差し押さえられ、会社にも差し押さえされていることが知られます。

このように、固定資産税を滞納した際のペナルティは厳しいので、金銭的に支払うのが難しい場合は地域の役所に相談することをおすすめします。

□不要と感じている空き家は売却して負担を軽くすることがおすすめ

もし、実家を相続して、空き家になっている場合は、売却することをおすすめします。

理由としては、空き家の管理不足により状態が悪くなった場合に、特定空家と認定されて固定資産税が跳ね上がります。

しかし、遠隔地で管理が難しい場合や、金銭的に管理する費用を出せないと感じている場合は空き家を売却するのも良いでしょう。

また、築年数がたっている場合は、不動産会社による買取を利用する方法も良いですね。

買取は築年数が古い住宅でも、不動産会社が買い取ってもらうことができれば早く売却できます。

□まとめ

今回は空き家の固定資産税を払わないとどうなるのかを紹介しました。

空き家を負担に感じていらっしゃる方は、管理から解放されて早期に売却できる買取を利用されてはどうでしょうか。

空き家買取専科は静岡の空き家を買取りリノベーションをして、次世代へつなぐ不動産買取専門店です。

静岡エリアでご実家・空き家を相続されるご予定の方はぜひご相談ください。

ご相談
お問い合わせ
ご相談・問合せ 電話をかける