お役立ち情報

TOPICS

お役立ち情報

古い家の維持費はかなりかかる?内訳や処分するメリットを解説!

相続した実家をどのように利用するか迷っている方は多いでしょう。

利用せずに空き家になってしまう場合でも、様々な維持費が必要です。

それに限らず、空き家を放置しておくと様々なリスクがあります。

今回の記事では、古い家の維持費や適切な処分について解説します。

□古い家の維持費について解説します!

実家を相続して利用しない場合でも、空き家として維持する必要があります。

ここでは、古い家でかかる意外と見落としがちな費用を含め、維持するために必要となる費用を4つ紹介します。

1つ目は、「税金」です。

空き家として維持する場合でも、固定資産税や都市計画税などの税金を支払う必要があります。

税金を支払わずに放置しておくと、ペナルティーが課される場合もあるので注意が必要です。

2つ目は、「光熱費」です。

空き家でも定期的なメンテナンスなどの際に使用することがあるため、光熱費が必要です。

3つ目は、「メンテナンス・修繕費用」です。

壁や内装、水回りなどのメンテナンス・修繕費用、庭などの周辺の手入れをするために必要となる費用です。

4つ目は、「保険・交通費」です。

火災保険などに加入している場合は保険料が必要です。

継続して契約するのであれば、金銭的ストレスにならないようにプランの見直しをすると良いでしょう。

□古い家を処分するメリットを解説します!

相続した古い家を空き家として放置しておくと、様々な問題が生じます。

そこで、適切に処分するメリットを2つ解説します。

1つ目は、維持費を払う必要がなくなることです。

先述したように、古い家を放置しているとたくさんの維持費が必要になってしまいます。

しかし、買取などを使って適切に処分すれば、それらの支払いをする必要がなくなるだけでなく、売却による利益も得られます。

空き家を放置したままでいると、倒壊や劣化によって周囲に被害をもたらす場合があるので、放置しないように心がけましょう。

2つ目は、周囲へ損害を与える可能性がなくなることです。

空き家の放置は、倒壊や犯罪に巻き込まれるリスクを高めます。

そのため、のちにトラブルになる可能性が考えられるでしょう。

周辺環境の治安悪化につながるため、管理や処分は責任を持って行いましょう。

□まとめ

今回は、古い家の維持費について解説しました。

様々なリスク回避のためにも、早期売却が可能な買取をオススメします。

空き家買取専科は静岡の空き家を買取りリノベーションをし、次世代へつなぐ不動産買取専門店です。

静岡エリアでご実家・空き家を相続されるご予定の方はぜひご相談ください。

ご相談
お問い合わせ
ご相談・問合せ 電話をかける