お役立ち情報

TOPICS

お役立ち情報

マンションの傷や汚れの補修は必須ではない?売却前に確認しましょう!

「マンションの売却をしたいけど傷や汚れがあるから補修しないと」

このようにお考えの方は多いでしょう。

しかし、実はマンションの売却において補修は必須ではないということをご存じでしょうか。

今回は、マンション売却における補修の必要性や、傷や汚れがある場合の注意点をご紹介します。

□売却前の補修は必須ではない

マンションの売却を考えている方であれば、床や壁の補修を検討している方も多いでしょう。

しかし、補修は必ずしも必要ではありませんし、補修をしない方が良い場合もあります。

なぜなら、買主によって補修に対する考え方が異なるからです。

例えば、全体リフォームを前提として中古マンションの購入を考えている方にとっては、床の傷はマイナス要素にはなりません。

むしろ、売主が既に補修を行ってしまえば、その分の費用が無駄になってしまいます。

また、売主がフローリングを張り替えたとしても、購入検討者の好みに合わなければ購入にまで至らない場合もあります。

そのようなことを考えると、マンションの床や壁の補修は必須ではなく、買主に委ねるほうが安全と言えるかもしれません。

□マンションの床に傷や汚れがある場合

上記では、マンションに傷や汚れがある場合でも補修を必ずしもする必要はないことをお伝えしました。

しかし、売却マンションの床や壁に傷や汚れがある場合は以下の点に注意する必要があります。

1つ目は、査定を受ける際に不動産会社に傷や汚れを報告することです。

マンションの査定を受ける時は必ず担当者に、傷や汚れを報告しましょう。

マンション売却は、不動産会社との共同作業であるため、最初の段階で嘘やごまかしがあれば、信用を失ってしまいます。

不動産会社がマンションの売却に対して協力してくれないというリスクも発生するため、傷や汚れがある場合は隠さずに伝えましょう。

2つ目は、買主にも伝えることです。

事前に問題点を伝えなければ、売買終了後にトラブルになるリスクもあります。

売却時だけでなく、売却後のことも考えると、お互いの気持ちの良い取引のためにも、物件に問題点があれば余すところなく伝えましょう。

□まとめ

今回は、マンションの売却における補修の必要性や、傷や汚れがある際の注意点を解説しました。

補修は必ずしも必要ではありませんが、傷や汚れがある場合は、不動産会社にも買主にも包み隠さずに伝えることが重要です。

空き家買取専科は静岡の空き家を買取りリノベーションをし、次世代へつなぐ不動産買取専門店です。

静岡エリアでご実家・空き家の売却を検討されている方はぜひご相談ください。

ご相談
お問い合わせ
ご相談・問合せ 電話をかける