ブログ

BLOG

2018.08.08

家の価格はいつ決まるのか?誰が決めるのか?

 

家の価格はいつ決まるのでしょうか?誰が決めるのでしょうか?

「世の中には相場というものがあるのだよ!」

という方もいらっしゃいます。
ごもっともです。

「いくら以上じゃないと売らないから、この金額で決定だよ!俺が決めるよ!」

というのもごもっともな意見です。

私も不動産業者として正直なところを申し上げますが、
家の価格を正確に言い当てられる人は、

この世に一人もいません。

上記の「相場」があるのはたしかです。
ただし、「その家」がその値段で売れるかは誰もわからないのです。
値引き交渉が入るかもしれませんし、相場相応で売り出していても売れ残る物件は多数です。

では家の価格はいつ決まるか。誰が決めるのか。

敢えて言いたいですが、一つだけ正確に言えることがあります。

価格は、

「買主さんが、契約書にハンコを押したとき。」

決まります。

つまり、極端な言い方をすれば、
価格決定権は買主にあり、売主にはその権利がないのです。

売主は、相場以上の価格で売り出すことはできます。
でも、高い確率で売れ残るでしょう。

買主は他の多くの物件を見てから、買う物件を決めるからです。

ここから得られる教訓はこうです。

「家は、買う人の気持ちになって、売れるように工夫する必要がある。」

高く売りたい、早く売りたい、などの希望があればなおさらです。

しかし、
今中古の家を持っているあなたが、

今、土地を持っているあなたが、どんな工夫をすればいいかわかりますか?

リノベーション。
といっても業者も様々。そして費用ももちろん必要です。

ボロボロの家が建っているより、見栄え良く解体して、、、。
それも作戦の一つですが、費用も掛かりますし、それでも売れないときは税金が高くなる可能性もあります。

いろんな工夫をプロの不動産業者でもしていますが、プロでも失敗をしている例は多数です。
自分の家を自分の好きなように工夫するなら問題ありませんが、
だれかわからない買主のために加工するのであれば、かなりの技や経験が必要だと思います。

それを業者でもない一般の方にやらせるのは、なかなか酷な話かと。

はい、これは宣伝ですが

弊社、空き家買取専科は、空き家、空き地の買取を行っております。

売れ残るリスクを肩代わりし、私たちの責任と費用でリノベーションなどの工夫をしていきます。

最近は空き家も増えて、どちらかと言えば買い手市場。
売る側に工夫が必要になってきています。

競争に勝てる自信があればいいです。ただ、なかなかそうはいかないでしょう。

そんな時はプロの話を聞きに来てください。

売れない空き家、売れないと思っていた空き家、空き地。ぜひお話をさせてください。

お待ちしております。